2010年03月30日

築地移転ストップも、民主が用地費削除案決定(読売新聞)

 東京・築地市場の江東区豊洲地区への移転問題を巡り、都議会第1党の民主党は24日の議員総会で、新年度の中央卸売市場会計予算案(1575億円)のうち、同地区の用地購入費約1260億円を削除する修正案を正式に決定した。

 各会派に方針を伝えたうえで、26日の都議会予算特別委員会に提案する方針。

 移転関連予算(約1281億円)のうち、用地購入費を除く土壌汚染対策費(約5000万円)や道路建設費用などの関連工事費(約19億3000万円)などは残した。

 修正案は共産など野党側の賛成多数で可決される見通しで、移転計画が一時ストップする公算が大きくなった。議論は30日の都議会本会議で最大の山場を迎える。

<高校無償化>朝鮮学校の結論は夏ごろに 川端文科相(毎日新聞)
<グループホーム>スプリンクラー設置は約5割 7都県7市(毎日新聞)
「最後まで雪を楽しんで」=佐賀〔地域〕(時事通信)
橋下新党「大阪維新の会」の構想案が判明(産経新聞)
普天間移設で首相「政府案は月内に一つに」(読売新聞)
posted by トオヤマ ツネオ at 02:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

JR西歴代3社長、強制起訴へ 神戸第1検審が起訴議決(産経新聞)

 兵庫県尼崎市で平成17年4月、乗客106人が死亡したJR福知山線脱線事故で、神戸第1検察審査会は26日、業務上過失致死傷罪で遺族から刑事告訴され、嫌疑不十分で不起訴となったJR西日本の井手正敬元相談役(74)ら歴代3社長について、起訴すべきだと議決した。審査会の議決に法的拘束力をもたせた改正検察審査会法に基づき、今後、裁判所が指定する弁護士が検察官役となって3社長を強制起訴する。昨年5月の同法施行以降、起訴議決が出たのは明石歩道橋事故に続き全国2件目。

 他に議決の対象となったのは、事故当時それぞれ会長、社長だった南谷昌二郎(68)、垣内剛(65)の両氏。事故をめぐっては、すでに神戸地検が山崎正夫前社長(66)を業務上過失致死傷罪で在宅起訴しており、JR西は昭和62年の創業以来の歴代社長6人のうち、4人が起訴される極めて異例の事態となる。

 神戸地検は昨年7月、事故現場が急カーブに付け替えられた際に鉄道本部長だった山崎前社長のみを「事故防止のために自動列車停止装置(ATS)を整備することを怠った」として在宅起訴。一方で井手元相談役ら3人については「安全対策を山崎前社長に委任していた」と不起訴処分とした。これを不服とした遺族らの申し立てを受けた同審査会は10月、起訴相当と議決。しかし地検が12月に改めて不起訴としたため、遺族や地検の検事から意見聴取するなど再審査を進めていた。

 改正検審法は、市民からくじで選ばれた審査員11人中8人以上が再審査で「起訴すべきだ」と判断した場合、指定弁護士が強制起訴すると規定。神戸第2検察審査会が1月27日に全国初の起訴議決を出した明石歩道橋事故では、指定弁護士3人が元副署長(63)の強制起訴へ向けた準備を進めている。

【関連記事】
JR西の元専務が遺族らに謝罪 4・25ネットワークの例会で
「日勤教育」でJR西の賠償確定 最高裁
ベアリング破損が原因か 山陽新幹線のぞみ破損 
「条件整わないうちに作業」…JR西の作業員死亡事故、運輸安全委が調査報告
「問題抱える会社」と社長 尼崎脱線事故でJR西の倫理委が初会合

中年期の大幅な体重の減少・増加、死亡リスク上昇に関連(医療介護CBニュース)
レンタル期限の神戸のパンダ、中国と交渉大詰め(読売新聞)
児童虐待 過去最多 21年、子供が申告も(産経新聞)
家族3人殺害、女に無期判決=責任能力認める−さいたま地裁(時事通信)
ゼブラーマン 沖縄国際映画祭で上映(毎日新聞)
posted by トオヤマ ツネオ at 13:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

<社民>同意人事の対応に苦慮 政府は事前調整に否定的(毎日新聞)

 政府の国会同意人事の扱いを巡り、首相官邸と社民党の関係がぎくしゃくしてきた。今月下旬に衆参両院で採決予定の人事案のうち、社民党は班目(まだらめ)春樹東大大学院教授を原子力安全委員会委員に充てる案などを問題視。国会に提示する前に、与党間で事前調整する仕組みを設けるよう主張している。一方、平野博文官房長官は人事案が漏れると、国会審議が困難になるとして応じない構えで、政権の波乱要因になっている。

 社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は21日、川崎市内で記者団に対し、同意人事案について「連立3党が事前に最低限のチェックができる仕組みを作るべきだ」と指摘した。同党にとって「脱原発」は党是であり、原発推進派の班目氏を原子力安全委員に充てる人事を安易に受け入れれば、支持者の離反を招きかねない。

 しかし、平野氏は事前調整に否定的な姿勢を崩していない。自公政権当時の07年10月、与党に事前提示された一部案が正式提示前に報道され、野党だった民主党の反発で白紙に戻った。その際、衆参両院の議院運営委員長が「事前に報道された場合、原則として当該者の提示は受け付けない」との方針で合意した経緯があるためだ。

 閣僚である福島氏は、衆参両院に示された同意人事案の閣議決定に反対はしづらい。社民党が事前調整の復活を求めるのは、同様のケースを防ぐため、あらかじめ「問題人事」を外す苦肉の策でもある。党内では班目氏の人事案について、福島氏が閣議署名する一方、本会議での採決で党所属議員が棄権する苦しい対応案も浮上している。【西田進一郎】

【関連ニュース】
社民党:同意人事案に福島氏署名へ 一部賛否先送り
社民党:原子力安全委員人事に反対表明 政府は見直しせず
福島氏:自衛隊は合憲 参院予算委で質問に「そうです」
日米密約:「非核三原則の法制化前進を」福島党首
普天間移設:「首相を信じる」福島氏 陸上反対を強調

少年2人を家裁送致=石巻3人殺傷事件−仙台地検(時事通信)
【近ごろ都に流行るもの】具入りラー油 辛さの中に光る食感(産経新聞)
城下町の個人宅70軒がひな人形を公開=兵庫県たつの市〔地域〕(時事通信)
製造番号確認で盗品排除を=ネット出品のカーナビ−警察庁の懇談会が提言(時事通信)
「紙との共存共栄図る」=電子書籍出版社協が発足会見(時事通信)
posted by トオヤマ ツネオ at 18:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。