2010年03月06日

沖縄知事と電話会談=官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は4日夜、上京中の仲井真弘多沖縄県知事と電話で会談し、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)移設問題について意見交換した。仲井真知事が、政府が米側に非公式に打診したキャンプ・シュワブ(同県名護市)陸上部への移設案の検討状況を尋ねたのに対し、平野長官は「何も検討していない」と述べるにとどまった。 

【関連ニュース】
イラン核問題を協議へ=米国務副長官が来日
シュワブ陸上案は公約違反=自民総裁
普天間、月内に政府案=シュワブ陸上部軸に調整
シュワブ陸上案同意せず=社民幹事長
シュワブ陸上案などに否定的=日本側新提案は検討済み

小・中・高も一緒、駅前キャンパスは「防災拠点」 関大が竣工式(産経新聞)
2グループ、きょう意見交換会(産経新聞)
病腎移植2例目 きょう手術実施(産経新聞)
大阪府議会決議後も府立高で国旗「常時掲揚」はゼロ(産経新聞)
北教組事件 民主、労組癒着のツケ(産経新聞)
posted by トオヤマ ツネオ at 06:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

<地デジ>難視聴地域対策 NHKが追加助成申請(毎日新聞)

 NHKは25日、地上デジタル放送の難視聴地域で、これまでの国やNHKの支援だけではなお視聴者の経費負担が大きい共同受信施設の改修などに対し、追加助成を行うための認可を原口一博総務相に申請したと発表した。3月に認可予定。

 NHKは09年度から約161億円かけて、共同受信施設を改修するための経費などの一部を負担してきた。だが加入世帯が極端に少ない過疎地域などでは自己負担が大きく、デジタル移行が進まない要因になっていた。

 新たな助成は、高性能アンテナなどの自宅敷地外設置と、ケーブルテレビなどへの移行支援。さらに自主共聴施設の改修でも、9世帯以下の少数世帯の助成を「1世帯10万円」から「1施設100万円」に引き上げ、負担軽減を図る。対象は約6万世帯。実施は4月1日からで、2年分で総額約26億円を見込む。

【関連ニュース】
地デジ:受信障害の対応率まだ25% 目標達成難しく
総務省:通信・放送関連法を再編…地デジ化見据え
総務省:電波障害の改修工事、助成対象拡大 地上デジタル放送
PS3:地デジ録画キット「トルネ」が3月18日発売
地上デジタル放送:調査キット、1都3県で貸与

都教委、都立高で近現代史特化の科目「江戸から東京へ」を導入へ(産経新聞)
<若田宇宙飛行士>ISS運用ブランチチーフに 日本人で初(毎日新聞)
また同じ系列…ビデオ販売店に強盗、レジごと6万円奪う(産経新聞)
<災害伝言板>携帯用 5社横断で利用できるように改善(毎日新聞)
河口16キロ上流でも水位急上昇=40センチ、利根川で−茨城(時事通信)
posted by トオヤマ ツネオ at 20:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。