2010年04月29日

民主の参院選新公約、実現に1兆円の財源必要(読売新聞)

 民主党が、夏の参院選の目玉事業として検討している、保育環境整備など新たな公約の実現に、約1兆円の財源が必要になることが28日、分かった。夏の参院選の公約を検討している党マニフェスト企画委員会(委員長=仙谷国家戦略相、高嶋良充党筆頭副幹事長)の28日の会合で、報告された。

 昨年の衆院選マニフェスト(政権公約)には、2011年度以降の事業として、子ども手当の満額支給(月1人当たり2万6000円)などを盛り込んだ。子ども手当の満額支給に必要な財源は、これまで5・3兆円と試算してきたが、今回、事務的経費などを含めて5・4兆円に上積みした。新たな公約は、衆院選マニフェストに盛り込まなかった政策のうち、参院選後に必要となるものを、企画委員会の下にある「国民生活」「成長・地域戦略」「地域主権・規制改革」の3研究会が策定した。

 細野豪志副幹事長は同委員会終了後、「財源を(新たに)生み出すのは困難だ。優先順位を付けていく必要がある」と述べた。ただ民主党内では、積極財政で多くの新規公約を打ち出すことを求める声も多く、調整は難航する可能性もある。

5カ月長女に暴行、骨折=育児疲れ、22歳母逮捕−愛知県警(時事通信)
“ネット住宅”自分のペースで家造り(産経新聞)
大阪市営地下鉄さらに人為ミス32件 公表基準を厳格化(産経新聞)
<出資法違反容疑>いづみや総本社元社長逮捕 愛知県警(毎日新聞)
将棋 羽生強気、終盤へ 名人戦第2局(毎日新聞)
posted by トオヤマ ツネオ at 18:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

メード服姿の“萌える”学生店長 夢は会社設立(産経新聞)

 【起業を目指す常葉学園短大2年、松本結花さん】 「世界中でアニメやコミックの市場は未知数です。今や“萌(も)え”は市場を確立しています」。2月に開かれた創業支援施設「SOHOしずおか」(静岡市葵区)主宰のビジネスプランコンテスト。居並ぶ経済産業省の職員や女性起業家ら審査員を前にメード服姿で堂々と“事業計画”を説明する姿は若手実業家を思わせた。

 「就職難の学生が特技を生かして働く場所をつくりたい」と、友人2人と大好きなアニメを使ったビアガーデンの販売促進策を提案。市場分析を基にしたグッズや宣伝策の提案に「熱意が伝わった。特徴的で実現可能だ」と評価され、学生部門で優秀賞に輝いた。

 この経験を生かし、今月9日に同市清水区のエスパルスドリームプラザでドール服や携帯電話ケースを販売する「アリス トライアングル プロダクション」を5月末までの期間限定で出店した。夢は空間プロデュース会社の設立だ。「テーマパークのような誰もが楽しめる空間を作り出したい」と語り、県内外から訪れるドールファンの接客や商品の説明に精を出す。

 特徴でもあるメード姿にファンから記念撮影を頼まれることも珍しくない。だが、あどけない表情でカメラに収まる表情はまだ短大生。「商業ベースでものを考えるのは難しい。今は家族が支えてくれているけれど…」と不安をのぞかせる。「でも、ここで勉強になることはいくらでもある。頑張っていけば変われるはず。早く独り立ちしたい」とはにかんだ。

(玉嵜栄次、写真も)

     ◇

 まつもと・ゆか 平成3年3月、三島市生まれ。19歳。ドール服の製造販売業を営む両親と3人暮らし。詩や小説の創作が趣味。

【関連記事】
ビジネスに“萌えーる”女子大生 静岡
“女装イケメン”竹内力、東亜学園けん引
水戸でコミケ開催 コスプレや“萌え商品”でにぎわう
萌え?燃え?メイドが出勤時に激励「いってらっしゃいませ!」
メイドが服を選んでくれるジーンズメイト 秋葉原に登場

自閉症治療にホルモン有効=長期投与で初確認−金沢大など(時事通信)
山崎飛行士 優希ちゃん抱きつく 家族と15日ぶりに再会(毎日新聞)
織田信成選手 婚姻届を提出、「身の引き締まる思い」(毎日新聞)
明石歩道橋事故、元副署長を20日に起訴(読売新聞)
略称一時は「ますぞえ新党」…代表の知名度頼り(読売新聞)
posted by トオヤマ ツネオ at 15:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

西濃運輸のトラック24台、車検切れで運行(読売新聞)

 西濃運輸(岐阜県大垣市)は16日、九州・山口の5支店で計24台のトラックを車検切れで運行していたと発表した。

 車検証更新を行う男性社員(57)が手続きに使う収入印紙を着服し、更新していなかったという。同社は1月、男性を懲戒解雇した。九州運輸局は今月7日付で、同社整備工場(福岡市博多区)の車検業務の指定を取り消した。

 同社などによると、福岡、北九州、熊本、大分、山口県宇部市の5支店で最長70日間、車検切れのトラックで配送していた。整備や検査は行っていたという。

 昨年末の社内点検で発覚。社内調査に対し、男性社員は「印紙を換金してギャンブルに使った」と話し、数百万円分の着服を認めたという。

 車検業務の指定取り消しにより、同社は今後、博多区の自社工場では車検を代行できなくなる。

 同社は「大変申し訳ない。再発防止に努める」としている。

<改正貸金業法>政府 6月18日の完全施行を決定(毎日新聞)
議員の出席率10%程度―空席ばかりが目立つ民主・介護議連(医療介護CBニュース)
逆流防ぎ、エネルギー効率生産=細胞内の酵素、新薬に応用も−兵庫県立大(時事通信)
子宮頸がんワクチン 国の費用負担求める声(産経新聞)
CG使って平等院鳳凰堂の内部再現(産経新聞)
posted by トオヤマ ツネオ at 14:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。